讃岐うどん

b0173137_06381031.jpg
Twitterで讃岐うどんの論争が起きています。
神戸が本社の丸亀製麺が発売している「ねぎだく」が論争の発端。
うどんが見えないほどの大量のネギをぶっかけて食べる。
このやり方に本場の香川県のうどん店店主から意見が入った。
うどん本来の味が味わえないというのだ。
確かに神戸が本社の会社は丸亀という香川県の都市名を使って讃岐うどん風のチェーン店を展開。
いわゆる「風」のうどん。
他の意見は「うどんぐらい好きなように食べさせてくれ」というのもあり、確かに自由。
本物の讃岐うどんが食べたい人は香川県まで足を伸ばすし、まぁ自由でしょうね。
最近は博多ラーメンも様変わりして美味しい博多ラーメンが消えてしまいました。
私は美味しいラーメンが食べたい時は久留米まで行きます。
久留米は伝統を守るお店が多いので昔ながらの美味しいラーメンを食べれるんです。
先日、丸亀市から讃岐うどんのセットが送ってきました。
早速調理してみると、びっくり仰天。
どこでも買える讃岐うどんと全然違うじゃないですか!
あ〜これが本物の讃岐うどんなんだと感心しながら味わい、こりゃどこそこのチェーン店がどうしたこうしたと言うこと自体が無駄だというのが率直にわかります。
やはり本物は本物ですよ。
好きなものを各自食べればいいことで、本物を知ってる人は本物のところへ行く。それだけです。
上の写真は今週月曜日にシャッターを切った1枚。

[PR]
by nsk0202 | 2018-08-29 06:52 | Comments(0)

写真ギャラリー


by Robert Feldman
プロフィールを見る
画像一覧