<   2018年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧

甘酒できました

b0173137_06052731.jpg
甘酒が先ほど発酵から出来上がりました。
昨日は予約でお越しいただきましたので今回も瞬間で売り切れる予感。
昨日は早朝から現像教室で始まり、午後は山口県から熱心な方。
その後間髪入れずに現像の方と、休憩する間も無く1日があっという間に終わりました。
その間、壱岐から何度も電話が入り打ち合わせ。
最近猛暑が続くため甘酒の人気が高まり、完成と同時に売り切れる日々です。
甘酒といえば冬の寒い時にふーふーしながら飲むイメージですが、テレビで「飲む点滴」と紹介されてから真夏は冷やして飲む習慣が普及したようで真夏も人気が出てきました。
甘酒を豆乳で割って飲むと冷たくていいそうです。
さて、今日は福岡市で教室です。
帰りは夕方になると思います。
甘酒はギャラリーで販売しておりますのでよろしくお願いします。
上の写真は月曜日の大観峰。

[PR]
by nsk0202 | 2018-08-31 06:15 | Comments(0)

台風21号

b0173137_06394580.jpg
日本株が取り残され始めている。
米国株は史上最高値付近でMSCIワールド指数とほぼ連動した動き。
MSCIに対し日本株TOPIXは6月から徐々に引き離され現在は大きく乖離。
景気好調な米国株への回帰的な資金の流れや自民党総選挙を控え、一旦現金化の動きも考えられる。
安倍さんの顔は見飽きたという声もありながら民主党じゃ日本が破綻するので、地方選が鍵を握る。
ということは石破総理の誕生か?
そう考えていると、ふと石破さんに夫人はいるのだろうか?
見たことも聞いたこともないような・・・・・
そんな中、台風21号が怪しい動きをしてますね〜
徐々に進路が見えてきましたがいま現在の予測では再び四国へ向かう公算が高まってきました。
9月5日頃は撮影にいかないといけないんですけど〜台風さん!
勘弁してくださいよ〜
昨日は甘酒が完売。
本日仕込みますので明日の朝には完成します。
上の写真は26日日曜日の大観峰。

[PR]
by nsk0202 | 2018-08-30 06:49 | Comments(0)

讃岐うどん

b0173137_06381031.jpg
Twitterで讃岐うどんの論争が起きています。
神戸が本社の丸亀製麺が発売している「ねぎだく」が論争の発端。
うどんが見えないほどの大量のネギをぶっかけて食べる。
このやり方に本場の香川県のうどん店店主から意見が入った。
うどん本来の味が味わえないというのだ。
確かに神戸が本社の会社は丸亀という香川県の都市名を使って讃岐うどん風のチェーン店を展開。
いわゆる「風」のうどん。
他の意見は「うどんぐらい好きなように食べさせてくれ」というのもあり、確かに自由。
本物の讃岐うどんが食べたい人は香川県まで足を伸ばすし、まぁ自由でしょうね。
最近は博多ラーメンも様変わりして美味しい博多ラーメンが消えてしまいました。
私は美味しいラーメンが食べたい時は久留米まで行きます。
久留米は伝統を守るお店が多いので昔ながらの美味しいラーメンを食べれるんです。
先日、丸亀市から讃岐うどんのセットが送ってきました。
早速調理してみると、びっくり仰天。
どこでも買える讃岐うどんと全然違うじゃないですか!
あ〜これが本物の讃岐うどんなんだと感心しながら味わい、こりゃどこそこのチェーン店がどうしたこうしたと言うこと自体が無駄だというのが率直にわかります。
やはり本物は本物ですよ。
好きなものを各自食べればいいことで、本物を知ってる人は本物のところへ行く。それだけです。
上の写真は今週月曜日にシャッターを切った1枚。

[PR]
by nsk0202 | 2018-08-29 06:52 | Comments(0)

満月の夜

b0173137_06201393.jpg
満月の夜、朝5時前に待ち合わせをしていましたが雲海が出ると神のお告げがあり急に0時半ごろ目が覚め、様子を見に行ってみると、あら雲海が出始めているじゃないですか!
というわけで一人で撮影(笑)
一人で満月に照らされた大雲海(この後阿蘇一面に雲海が広がった)を撮ると、後で何を言われるかわからないのでLINEで皆さんにメッセージを入れて見た。
しかし既読にならないため安心して一人で夜中に走り回りながらカメラを2台使って撮影。
待ち合わせの朝5時まで時間があるので時々クルマで場所を移動しながら雲海をGET。
朝になると「なんで起こしてくれなかったんですか〜!」と言われましたがLINEを見てないようです。
21世紀の現代は情報化社会。
リアルタイムで情報をGETできないと損しますね。
というわけで昨日はこの後も良い光景を撮ることが出来、満足な撮影会でした。

あ!昨日帰宅すると甘酒が前回は瞬時に完売しましたので昨夜仕込み、今朝出来上がりました。
今回も完売が予想されますので早めのお越しをお待ちしております。
上の写真は昨日朝1時半ごろの阿蘇。

[PR]
by nsk0202 | 2018-08-28 06:30 | Comments(0)

連覇へ

b0173137_06213933.jpg
プロもアマも関係ない、写真の実力を競う大会TCC長野大会がいよいよ1ヶ月後に迫って来ました。
昨年全国制覇し今年は2連覇を狙うため昨日はギャラリーで打ち合わせでした。
大阪桐蔭のように「地に足のついた」戦いをやり、圧倒的に他を寄せ付けないために戦略を練ります。
打ち合わせの後はメンバーの一人が玄海町のサルスベリを見た事がないというので案内。
上の写真は車の助手席から窓を開けて手持ちで撮った1枚。
手前の畑が綺麗ではなかったため空を広く入れて誤魔化しました。
さて明日は絶好の撮影日和。
今日も条件は非常によかったのですが日曜日なので人が多いことを予想し明日に備えます。


[PR]
by nsk0202 | 2018-08-26 06:31 | Comments(0)

地銀再編加速

b0173137_06412166.jpg
福岡銀行が主体のFFG(福岡・フィナンシャル・グループ)と長崎でNo1の十八銀行の統合が承認されました。
地方銀行は生き残りをかけてグループ再編に盛んです。
預貯金の額は減ってないのに、なぜ危機感が?
と思われる方も多いでしょう。
問題はたくさんあります。
少子化、電子化、日銀金融政策など。
ここで難しいことを書いてもどうしようもありませんので割愛。
カメラ業界も同じように、スマホが急速に普及してカメラが売れなくなりました。
ただ一眼レフの需要はありますので、その一眼レフの生き残りをかけて各社がしのぎを削っています。
一眼レフカメラがデジタル化した時に富士フィルムは生き残って、コダックは破綻しました。
これは経営者の将来を見据えた舵取りが最大の原因です。
先を読む眼力。
NikonはD850を出してから業績が急回復。
そして今回フルサイズミラーレス機Z7とZ6を発表。
さあ、どこが第2のコダックになるか注目です。
サービスセンターなど福岡から撤退したところは怪しいですね〜
日本人で初めてApple社の壁紙に写真が採用された北海道のケント白石は数年前から予想していたようです。

[PR]
by nsk0202 | 2018-08-25 06:59 | Comments(0)

Nikon フルサイズミラーレス登場

b0173137_07284427.jpg
昨日は朝から甘酒が30分で完売。
あっという間でした。
そのあと遺影を3枚持参された方が60年前の写真を出され、「これを綺麗にできないか?」ということでスキャンしてPhotoshop CCで見事に再生し顔料インクでプリント。
色褪せた写真を綺麗な白黒で印刷できました。
また、昔の遺影は四つ切り写真が主流だったことから2Lサイズのコンパクトな遺影にもして欲しいということで縮小。
最近の仏壇はオシャレな家具調であり、小さく、また写真も昔のように大きな四つ切りを飾らないことから今後はコンパクトな写真盾やオシャレな写真盾の需要が増すことでしょう。
さてNikonが正式にミラーレス機を発表しました。
素晴らしい描写はD850譲り。
先ほど細かなデータを見ました。
フルサイズのミラーレス機はこれまでSONYしかありませんでしたが、そのSONYの7R lllと7 lllにぶつけて来たようです。
ただ流石はカメラメーカー。
カメラのことをよく知ってます。
SONYは「電気屋」Nikonは「カメラ屋」です。
実際にフィールドで使えば明確な違いを瞬間的に実感することができます。
フィルムからデジタルへ。
デジタルからミラーレスへ。
時代は変化していきます。
先日、富士フィルムの責任者の方と長時間お話しする機会がありました。
その中で「これからの・・・・」をお話ししております。
さて、どこのカメラが生き残るか?
そして販売が増えるか?
楽しみですね〜
一つ言えるのは、今回発表したNikonの新製品Z7とZ6は理想に近いカメラに仕上がっていること。
ケント白石が現在SONYを使ってベタ褒めしてますが「Nikonのミラーレスを買う」と宣言しております。
注目点は私と同じようです。

[PR]
by nsk0202 | 2018-08-24 07:47 | Comments(0)

樹齢400年のサルスベリ

b0173137_08194701.jpg
昨日ギャラリーに女性の方が来店され展示している「夏の渓」の作品を「主人にも見せたいから全てプリントして欲しい」ということで小さいサイズにプリントしお持ち帰りいただきました。
そのあと玄海町の樹齢400年にもなるサルスベリを撮影に。
現場に到着すると数名の方が写真をとっています。
すると急に怒鳴り声が聞こえて来ました。
「おい!お前ら!ここで写真を撮るな!朝は4時から夜遅くまで、なんなんだお前らは!」
と怒り狂っています。
話を聞くと、数日前に写真を撮りに来た女性が田んぼの畦道を壊し、水田から水が全て流れ出たそうです。
「壊してすぐに補修すればよかったんだが、知らんふりしてそのまま帰っていった」と言われてます。
この樹齢400年もなる大きなサルスベリも今後は撮影できなくなるでしょう。
北海道と同じです。
畑に入るなというのに中に入って写真を撮る。
農家が困っているのは畦道を壊すのは論外ですが、他の場所から来た人が畑に入ると靴についた細菌が畑に入り込んでしまうことです。その土地にない細菌が入ると作物の成長に影響が出ます。
北海道でも数日前の記事に地主が「もう北海道に来るな!」と声を出しているようで、全国でカメラを持った人は嫌われることになってくる日が遠くはないと予想されます。
先日のスカートで渓谷に入って写真を撮ったり、針金のような三脚で撮ったり、今後はカメラ屋さんが販売するときに1時間ぐらい講習会を開くなど対策が必要ですね。

本日先ほど甘酒が出来上がりました。
ご来店お待ちしております。


[PR]
by nsk0202 | 2018-08-23 08:33 | Comments(0)

完全優勝

b0173137_06162328.jpg
昨日朝のブログで書いたように北大阪大会決勝の再現のように大量得点差で大阪桐蔭が見事に優勝。
NHKは金足農業ばかりを取材し偏った放送ばかりを行った。
テレビはNHKより民放ABCの方が素晴らしい解説で、解説者はあの名門横浜高校を作り上げた渡辺元智前監督と古田敦也。
渡辺監督の解説は優勝経験者として、そして名門を常勝軍団に作り上げる苦労を熟知した素晴らしい内容の解説だった。
NHK?論外ですよ論外。
放映中も金足農業に偏った解説やアナウンサーの発言。
非常に問題である。
閉会式では高野連会長の挨拶の内容がいま問題になっている。
予選から9人で戦い、選手交代なしで投手を酷使したことが「高校野球のお手本」と発言。
金足農業の監督のやり方は大昔のやり方。
PLが春夏完全優勝した時から時代が変わった。
キャプテン立浪の時代は3人のエースを擁し完璧に優勝。
野村、橋本、岩崎と完投能力のあるエースを3人も擁し相手を寄せ付けなかった。
あれから各高校は投手を複数育てる野球に舵を切った。
この酷暑の真夏に投手1人で戦うというのはその投手の将来の選手生命にも影響を与えるため教育者として金足農業の監督は責任重大である。
テレビや観客が金足農業を応援し、甲子園では金足農業の攻撃時には大音量の声が響いていた。
そんな中でも大阪桐蔭は動じることなく素晴らしい攻撃で優勝を勝ち取ったのである。
悔やまれるのはエース柿木の調子が今ひとつであったようで普通なら継投するだろうが第100回の記念大会決勝は、やはりエースに優勝投手になって欲しいという西谷監督の思いだったようだ。
何れにしても予想通りに勝てて昨夜の酒は美味しかった。

[PR]
by nsk0202 | 2018-08-22 06:49 | Comments(0)

スカートで渓谷

b0173137_06144436.jpg
昨日は菊池渓谷でした。
そこで声も出ないほど驚いたのがスカートを履いて渓谷に入り、おもちゃの三脚を立てて写真を撮り始めた女性。
カメラはニコンで、ファインダーを覗かずにライブビューでシャッターを押している。
帰りの駐車場で係員のオジさんと話をしましたが8時以降は係員さんが注意するそうですが、今回の仰天女性は6時半ごろ広河原に来ましたので注意できなかったそうです。
ここで困るのが、この非常識極まりない女性が怪我や事故を起こした場合、立ち入り規制がさらに厳しくなるため写真を撮影できなくなることです。
実際に2日前に30代の女性が救急車で運ばれたそうです。
菊池渓谷まで救急車は30〜40分かかり、そこから救急病院へは小一時間はかかります。
遊歩道の観光客の方はどんな服装であれ問題ありませんが、写真を撮ってある場合、他の大勢のカメラマンの方に将来的に迷惑になるため、こんな非常識者は来ないで欲しいですね。

さて今日はいよいよ甲子園決勝。
全国のすべての高校が大阪桐蔭をマークして来ましたが全て振り払い、歴史に残る決勝の大舞台まで帰って来ました。
事実上の決勝戦である履正社との戦いから約3週間。
今日は国民が秋田代表を応援するようですが名門には名門の苦労がある。
名門横浜、日大三高などの仇を討つべく大阪桐蔭の打棒が炸裂することでしょう。
初回のきっかけ次第では北大阪大会決勝のような試合展開になることも考えられます。

[PR]
by nsk0202 | 2018-08-21 06:38 | Comments(0)

写真ギャラリー


by Robert Feldman
プロフィールを見る
画像一覧